正規ルート:タイの会社に登録する

タイと世界各国との二国間貿易の往来が絶えず深まり、タイでの外国人投資家は日増しに増えており、タイ会社の登記設立は海外投資家にとって最も重要な関心事となっている。外国人投資家は通常、泰籍企業の参加を必要として会社を設立することができ、普通の会社の外国人は100%の持分を持つことができない(アメリカ国籍を除く)。特定の業種の外資だけが100%の持ち株を持つことができる。例えば製造業、エネルギー、ハイテクなどのタイプの大企業である。タイ企業の設立法や慣行に慣れていない人にとって、タイで企業を登録することは困難で挑戦的かもしれない。

タイmdr法律事务所はタイの商工サービス分野の資格の豊富な経験を持つ、合理性をご提供できる、泰登録会社およびベスト商業解決策を提案した。事業範囲は、タイの投資前の妥当性分析、企業の核名登録、定款登録、商標登録、会社口座開設、税務登録、取締役変更などである。





"会社種別の登録が可能です"

会社の種類によって経営範囲に対する要求は異なり、私達は誠実にあなたとMDR弁護士の諮問会議を招きます

タイの新しい会社を設立するために、あなたのニーズを定位し、最適な提案をします


1-200120144229222.png1-200120144210B4.png1-20012014423c62.png1-200120144251417.png




タイ合弁会社の

外資系会社(BOI社、FBL社

外国はタイに支社や子会社を置いている

外国会社駐タイ事務所




1-200120144530145.jpg






タイ合弁会社に登録する

                     

  登録した会社に必要なすべての書類や手続きの承認を、最短でできるように全力を尽くします。
  タイmdr法律事務所の専任タイ会社に登録の専門チームを所有して、我々のタイのチャンネルを通じてネットワークを熟知タイ法律および登録会社法、会社の登録過程の难点とリスクを知る。
  タイmdr法律事務所の年保有のタイ会社相談および登録での経験は、タイの会社が処理した各種の登録過程の難治の疑念は、よく会社の登録手続きの各種の詳細を要求した。 
  我私達は最も専門的な知識と最も豊富な経験を堅持し、厳格に法律と規定に基づいて処理し、あなたの登録が合法的に有効であることを保証します。

COMPANY REGISTRATION

私たちがあなたに協力して登録して、効率と成功率を高めます

                     

1-200106152910P4.png              1-20010615291c02.png                     




1-2001201446261W.jpg



どうして私たちを選んで処理するのですか


私達の価格は適当で、一回性の透明な収入、隠れた費用がなくて、あなたに法律上のリスクを解決させて、後顧の心配がなくて、全面的に業務に全力を尽くします!市場では価格が安いものもありますが、羊毛は羊から出ていて、具体的には評価しません。


タイの登録会社は多種の法律の規定があって、MDRは法律で護衛して、あなたのためにコンパス会社を登録して、急速に潜在的な問題を解決します。(タイの法律では、外国人はタイ登録会社に必ず1人以上のタイ人が株式を持ち(少なくとも51%の株式)、外国人株主は49%の株式を持ち、3人以下の自然人の発起人株主が必ず必要とされており、株主一人当たりの株式の数を詳細に明らかにしなければならない。)


クリックすることで






 ショートカットの問い合わせ通路

MDR高級顧問、1対1対応:063-228-8821,065-983-2298






1-210103145H6244.jpg

1-2006261G0004P.jpg

1-210103145I5495.jpg

1-2006261G15TI.jpg





 Line ID: 

mdrlaw

What's app:

 +66 632288821

 Facebook ID: 

mdrlaw

E-mail:

 mandarinlawfirm@gmail.com






1-200120144640G7.jpg


タイ会社登録手続き

我タイには実店舗があり、専門の弁護士がサービスをしたり、書類を整理したりしています


1、会社名、資本を作成し、株主、取締役を確定する

2、登録企業の付加価値税を取り扱う

3、登録企業の社会保険を取り扱う

4、業界に関連する各種の許可証を取り扱う

5、税務を申告して、そして月帳簿の監査と年帳簿の監査を行います

6、会社の銀行口座を開く(企業のネット銀行の口座を開く、pos机の取り扱いなど)


新規登録業者には、後続の代理店勘定、登録商標、企業口座の開設、採用などを提供することもできる





1-200303094641200.jpg
タイ企業の強みを登録する

1、日本では登録を許可されにくい各企業や特殊業界の会社を設立することができます

輸出取引口座の決済は、各種の国際ビジネス活動に従事するのに便利である。

2、自分の国外の会社の名義で日本の会社と合弁して、所得控除を受ける。あるいはオフショアの名で買収する

日本の会社を持ち株して、会社の地位と性質を変える。

3、自然人または法人とその親族は同時に長期居住の申請、数次ビザと就業准証、日本の海外華僑のパスポートの変更、自由出入国及び欧米ビザの申請ができる。在タイ日本大使館にも申請できる

半年か-年に何度もビジネスビザを往復する。

4、居住期間満了3年は永住申請が可能で、家族を含めた同時親族永住となる。5年満期でお申し込みできます

泰籍に入り、ビザなしで自由にasean十国・十数カ国に出入りできる。

5、海外の会社の名義で日本にビジネス活働や投資活働を展開することは、すべて日本国民の同等な待遇のwin—winのメリットを享受できる。







関連問題



大多数の企業と箇人が関心を持っている合弁会社の問題について、文華氏は整理した



1-1912311I42Y50.png

法的リスク

合弁会社は総株主数の最低2名、最大50名を要求し、そのうち少なくとも1名はタイの株主であり、タイの株主の株式比率は51%以下でなければならない。多くの人は、自分でお金を使って登録した会社が自分ではまだ持株にならないのではないかと心配している。

実際に登録した会社が事故に遭った場合、タイ人も法律責任を負うことになるので、タイ人の大部分はあなたの株主に51%の法律と財務リスクを負担することを望まない。



1-1912311I535Z3.png

会社名

英文名称は3-5箇、会社名の審査期間は3-5日、審査には費用がかからず、会社名の確定後1ヶ月以内に登録申請書類を提出することができる。どうして英文の名前が必要なのか、当社が接触している日本の商人の大部分は泰文が書けないで、泰文の名前を取ってサインする時に書くことができない。また、英語名も国際化ポイントで、輸出入貿易をしているのも簡単です。



1-1912311IAGA.png

資本金

一般的には100万バーツから、就労ビザを発給するためには最低200万バーツが1つのビザに署名する必要があり、登録金を1つ増やすごとに200万バーツが追加される。資本金は多ければ多いほど良いというわけではありません。実際の会社の運営において、資本金は登録会社の費用と後期の財務帳簿を作ることと深く関係しています。資本金が高ければ高いほど後期の費用は高くなります。



1-1912311IJ5G6.png

銀行の

会社ができたら、会社の銀行口座を開設しなければならず、バーツ口座やドル口座を利用することもできる。法人が来場するには7営業日、法人が来場しないには20営業日程度かかる。

特に注意しましょう。銀行はインターネットのパスワードを入力して、なるべく海外の有名なメールアドレスを選び、ブロックされないようにしています。



1-1912311IRU01.png

税務登記

年間売上高が180万バーツ以上の会社は、年間売上高がこの額を超えた日から30日以内に付加価値税(VAT)を登録する。年間所得が180万バーツ未満の場合は、付加価値税の登録を先にしない。会社設立前の3年間の純利益はマイナスにすることができます。主に税収は所得税の20%で、大多数は不満を提出します。具体的にあなたは良い財務人員を必要とします。


会社が設立された後、どの一環にも、専門の会計があなたのために帳簿の仕事と税を手配する必要があり、コストと時間を大幅に節約するだけではなく、私達は法律の枠組みの中で、企業のために税務の最適化計画を設計して、そして税務リスクに対して有効な管理を行うことができます。



1-1912311I920542.png

登録商標の重要性

会社設立後、自分のブランド名を商標として登録する「保護して、自分の価値を高めて、知名度を拡大して、商品のサービスのために保護壁を築いて、私達に協力して商標を登録するのは更に快速です。



1-1912311I95X96.png

その他の注意事項

1、社保開戸社保局は初年度の企業の年費を受け取ることができて、普通1-2000銖は業界別に分けて、従業員がまず社保を開通しない。


2、会社の印鑑、自分で刻印する必要はなくて、私達は正規の会社の印を贈ります。自分でデザインすることもできて、タイ社会は署名を主にして、印鑑の標准はとても多くて、形は多種多様で、印鑑の形は自由に発揮します。




  • 電話相談
  • Line
  • オンラインコメント
    コメントをお願いします
  • 063-228-8821

    質問があれば、上方タイに電話して、1対1の顧問に質疑応答してください
    上の二次元コードをスキャンして、1対1の顧問が質疑応答する