タイの会社はどうやって登録しますか?

著者:タイmdr法律事務所の 時間:2015-07-20

タイで最も一般的なのは合資会社であり、タイの法律は株主構成の面で硬性規定があり、泰開会社では手続きが煩雑で提供すべき書類が非常に多く、できれば専門の事務所に依頼する方が手間が省ける。以下、タイの会社の登録方法について詳しく説明します。


ショートカットの問い合わせ通路

  電話:063-228-8821,065-983-2298  

E-mail:mandarinlawfirm@gmail.com

1-2006261133141W.jpg

Line:

mdrlaw

What's app:
+66 632288821

Facebook:

mdrlaw



登録条件:

任意の自然人又は法人の名義で登録を申請することができる。検資報告、文書及び手続きは弁護士が担当した。有効なパスポート、写真、英語履歴書と非移民ビザを持って、直接タイに来て関連書類に署名する。


1、登録会社名を確定して予審する:

出資者から3つの英文社名を提供され、弁護士に政府商業部登記局への承認申請を依頼した。会社名の確認に3日かかる(修正が否決された場合は再度提出)。


2.会社の登録住所に関する書類を提出する必要があります:

①会社所在地の道路位置図1部。

②自分の部屋を持っているならば、物業所有者の戸籍簿と身分証を備えなければならない。

③借家であれば、原本、物業所有者の戸籍簿と身分証明書を借りなければならない。


3.資本金を作成する:

タイには最低の資本金制限があり、会社の資本金は最低100万バーツ以下、非泰籍外国人の直接投資額は300万バーツ以下でなければならない。1株当たり何バーツ及び実収資本はいくらかを記載しなければならない。タイは、資本金の25%は、登録された年のうちに入社口座を、残りの75%は、登録が完了した日から3年以内に入社口座を、それぞれ納入しなければならないと要求している。

(外国人を招聘したり、自分の社員証を発行したりする必要がある場合は、資本金200万バーツにつき1人の外国人社員を申請できる。)



4.営業範囲を決める。

一般営業範囲は22種類あり、特殊営業範囲は第23条から始まり、内容は生成、経営、家公、輸出入、研究開発などの特殊営業業務を含む。増加の必要があれば、増加を提示し、一般的に承認を得る。


5.株式の割当て及び株主:

タイ法によると、外国人登録会社はタイ人の持分(少なくとも51%)を保有し、外国人株主は49%まで保有し、3人以下の自然人が発起人株主でなければならない。(注:会社の登記手続き後、弁護士の指導の下で、泰籍株主が株式譲渡書または株式放棄書に署名し、会社の株式の真の所有者に渡すことができる。)

*上記のうち、タイの株主持ち株比率が51%以上のタイ現地会社であることに言及したが、外資系の人や会社が持ち株の身分を取得するためには、BOIの承認を受けなければならない。


6.株主登録状況:

会社の株主、会社の取締役としての身分情報を提供しなければならず、外国人の場合、パスポート情報、英文住所情報及び有効な入国ビザ情報を提供しなければならない。


7。法人代表の確定(すなわち、署名が有効な代表)

投資家は、取締役会のメンバーに応じて、署名が有効な取締役(1 ~ 3名)を法定署名の代表に選出し、その署名書類の権限と範囲を説明する。


8。デザイン会社のスタンプ:

タイの社章には様式制限や製作場所の制限はなく,社章情報には一般に会社の英タイ文字の社名や会社ロゴが必要である。また、登録申請書類には印鑑証明書類があり、デザインした印鑑の様式を登録時に一括して提出し、商業部商経登記局に登録準備書を提出する。


9.会社登録の期限

全ての書類の準備が完了した場合、法定サインナーが署名捺印してDBDに提出して登録することができ、登録条件を満たした場合、一日以内に登録と免許証の印刷を完了することができる。


11.後は税務登録をしなければならない

企業の所得税を納めなければならない商業活動はすべて設立あるいは登録の日から60日以内に税務署に行って税務登録証を申請しなければならなくて、年の売上高が180万バーツ以上の会社は年の売上高がこの額を超えた日から30日以内に付加価値税(VAT)を納めて、これらはすべて会計士に取り扱うことができる。


12.銀行口座を開く

登録が完了した後、会社は直ちに登録書類とお金の代表証明書を準備し、権限のある代表者が直接タイの各銀行や外資系銀行に各種類の銀行口座の開設を申請することができる。

タイの口座開設完了と国内国外投資許可の承認証明書を取得した後、投資資金は株主の名義で合法的にタイ会社の口座に送金することができ、続いて投資促進委員会(BOI)の検証証明書を提出する。



タイの会社はどうやって登録しますか?(図1)タイに会社を設立した外国人は株式を100%所有することはできないが,BOI特恵会社となり,外国人は100%所有することができ,個人の資本金も満たして株主の持分の問題も解決したが,BOIへの加入には最低100万バーツの資本金(土地費や会社運営費は含まれない)が必要となる。


BOIは外国人の入泰投資と泰企業の対外投資のためにコンサルティングサービスを提供する部門であり、BOIへの加入手続きは相対的に煩雑であり、会社の運営規則の提出と許可証の取得まで2か月以上かかる。


申請の手続きは、

1、BOI政策コンサルティング

2、BOI申請フォームへの記入

3、BOI案件を申請します

4、予約BOI官僚面接

5、追加の要求書類を提出する

6、記入BOIの承認を受ける

7、10営業日以内にBOIを提出する

8、会社登録+税務登録+銀行口座開設+資本注入

9、登録書類をBOIに提出し、10箇日後にBOI証明書を受け取る


BOI会社の許可を得るには2 ~ 3ケ月の期間が必要で、それは1部の投資優遇証明書であり、この投資促進許可証を獲得した後の外国人は、泰でタイ民商法に従って企業法人を設立し、同時に「外国人経営許可証」を申請しなければ、泰で正式に運営を始めることができない。



  • 電話相談
  • Line
  • オンラインコメント
    コメントをお願いします
  • 063-228-8821

    質問があれば、上方タイに電話して、1対1の顧問に質疑応答してください
    上の二次元コードをスキャンして、1対1の顧問が質疑応答する