日本人はどのようにタイの養老ビザを処理しますか?

著者:タイmdr法律事務所の 時間:2014-10-16


タイの法律は、50歳以上で財務能力のある外国人は、タイの養老ビザ、すなわち退職ビザを申請できるようにしている。介護ビザの期間は1年に1回で、無期限再契約が可能です。タイの隣国マレーシアの養老ビザの要求資金の凍結とは異なり、養老ビザが発行された後に銀行口座内の800,000バーツをいつでも取り出して、彼のために、住宅を購入するかその他を利用することができる。


タイの養老ビザの申請条件:

1.年齢は満50歳

2.タイに開設された箇人の銀行口座には少なくとも80万バーツの預金がある

準備する材料:

1.パスポートを申請する

2.申請者のタイの箇人口座の80万バーツの預金証明書

3.ビジネスビザ(あなたが観光ビザを持って入国する場合、観光ビザをビジネスビザに転換しなければならない)

4. 2寸の白地の写真6枚

5.移民庁申請表その他の申請書類

タイの養老ビザの申請にはどんな書類が必要なのか、おじいさんとおばあさんのために処理したい。



ショートカットの問い合わせ通路

  電話:063-228-8821,065-983-2298  

E-mail:mandarinlawfirm@gmail.com

1-2006261133141W.jpg

Line:

mdrlaw

What's app:
+66 632288821

Facebook:

mdrlaw



タイの養老ビザの基本的な要求はすべて了解して、それでは多くは言いません、養老ビザを初めて取り扱って15ケ月滞在することができて、1年1のために署名して、無期限の再契約をすることができて、養老ビザは有効な期限内にプラスして再度署名することができて所有者が自由に何度もタイに出入りすることができます。


上記の材料以外に

1.パスポートを申請する

2.申請者のタイの箇人口座の80万バーツの預金証明書

3.ビジネスビザ(タイ入国用)

4. 2寸の白地の写真6枚

5.移民庁申請表その他の申請書類




重要な材料を3つ見逃しました

1、犯罪の証明がなくて、戸籍の所在地の派出所から始まる(有効期間は3ケ月)、これは渉外の公証を取り扱うことができる代理店を受け取って、渉外の公証と外交部と大使館のデュアル認証を行って、公証を泰文に翻訳しなければならなくて、タイ大使館はただ認証する

准泰文文書、全体のプロセスはおよそ2周間。

2、タイ病院での健康診断(3カ月有効)

3、身分証明書(もし改名したことがあるならば、相応の改名書類を提供しなければならなくて、タイの配偶者があって、そのため退職ビザを申請するならば、結婚証明書を提供しなければならない)

これは完全な資料です。私はある友人が、タイの銀行を国内でどのように処理しますか?タイの口座開設は本人が銀行に行って署名することに関連しているので、必ず本人がタイに来た後、すぐに口座開設を行い、80万バーツを預ければ、このお金は3か月中に存在しなければならない。



  • 電話相談
  • Line
  • オンラインコメント
    コメントをお願いします
  • 063-228-8821

    質問があれば、上方タイに電話して、1対1の顧問に質疑応答してください
    上の二次元コードをスキャンして、1対1の顧問が質疑応答する