タイで会社を登録するには検査金が必要ですか?

著者:タイmdr法律事務所の 時間:2020-03-09


外国人、タイの投資会社を設立なければ、タイの商業によって提出関連法規を登録し、会社には二つのタイプが多い投資歓迎を受け、外資boi全会社およびタイ有限公司(タイの合弁会社)、2种类の会社の登録の手続きやファイルには基本的に一致する、boi外資系会社は相対的に承認手続きがさらに厳しい。多くの外国人投資家が比較的関心を持っているのは会社の資本金の実際の支払い問題であり、海外市場でスタートしたばかりの企業にとって、十分な資金チェーンの運行が必要であり、資本金は要求がなければもっと精力を使って業務を開拓することができる。


では、タイの会社を登録するには資金のチェックが必要でしょうか?タイの外国人営業商務庁の規定によると、資本金500万バーツ以下は検資報告書を提出する必要がない。登記または増資総額が500万バーツを超える有限会社は、登記の際または登記完了後15日以内に資本金の少なくとも25%を注入し、銀行が発行する資本金支払証票、すなわち銀行の資金到着証明書を提出しなければならない。資産投資財産権証明、資産投資明細書および価値明細書、または資産使用契約書は、登録時または登録完了後90日以内に発行される。


ショートカットの問い合わせ通路

  電話:063-228-8821,065-983-2298  

E-mail:mandarinlawfirm@gmail.com

1-2006261133141W.jpg

Line:

mdrlaw

What's app:
+66 632288821

Facebook:

mdrlaw


企業がこのような申告を適時に行わなければ、多くの副作用が予想される。会社登録証明書には、規定に基づいて資本支払証明書を提出していないことが明示される。同企業は信頼度が落ちると指摘されており、後続の政府書類の申告は難しいものとみられる。税務署では付加価値税の登録が認められず、企業の無付加価値税の証明書は税関に申告できず、事業証明書も発行できない。


もし、商務庁が会社の財務報告書を提出する通知書を発送した後、期限内に執行しなければ、禁錮または罰金刑に処され、過怠は法的に処罰される。


タイで登録する会社は時間通りに比例して出資しなければならなくて、特にBOI全外資会社の検査の手続き、その申請の過程は少なくとも3ケ月、それではどのように登録完了後15日に検査の証明を提供して、これは専門のタイの登録チームが合理的に操作する必要がある。タでイmdr法律事务所は登録会社では豊富な経験を持つと強力な遂行能力、我々はベテラン弁護士の登録専門の登録案を提供いたします。




  • 電話相談
  • Line
  • オンラインコメント
    コメントをお願いします
  • 063-228-8821

    質問があれば、上方タイに電話して、1対1の顧問に質疑応答してください
    上の二次元コードをスキャンして、1対1の顧問が質疑応答する