タイに別荘を買って騙されたらどうする?

著者:タイmdr法律事務所の 時間:2020-04-27

近年、タイでは家を購入して投資することがブームになっているが、詐欺にあうケースも続出している。このような法律上のトラブルに遭遇した場合は、法律事務所の協力や通報を速やかに求め、遅れて事態が悪化することがないように状況を反映しなければならない。


タイmdr法律事務所の協力が顧客の不動産関連紛争処理、我々が専攻の土地の弁護士は、関連法律の意見を出すお法運用手段が合理的に解決し、すでにトラブルが発生し、依頼者の権益を守る。被害や詐欺事件に直面している場合は、迷わずに、専門的な法的アドバイスを受けるために、すぐに連絡してください。


タイで家を購入する際、盲目的投資をすることは避け、一部の仲介会社は投資者が海外政策、言葉が通じない、海外情報の疎通がうまくいかない、権利の確保が難しいなどの問題をよく理解していないことを利用し、様々な落とし穴を設けて投資者に損害を与えている。例えば:契約の落とし穴、ブラック仲介、価格を上げて売る部屋、貸し借りの落とし穴、ローンの間違い、部屋の元が保障されていない、取引に「内幕」があり、油断すると、金銭を損失して法律の責任に直面する。


タイで住宅を購入する前に、必ず不働産と開発者に対してはっきりとした理解がなければ、法律リスクに直面するかもしれない。



 ショートカットの問い合わせ通路

MDR高級顧問、1対1対応:063-228-8821,065-983-2298






1-210103145H6244.jpg

1-2006261G0004P.jpg

1-210103145I5495.jpg

1-2006261G15TI.jpg





Line: mdrlawWhat's app: +66 632288821Facebook: mdrlawE-mail: mandarinlawfirm@gmail.com



外国人がタイで家を購入する制度や法律を知る

1. 不動産・開発業者の情報が事実かどうかを必ず確認しなければならない

2. 仲介の背景が契約に合っているかどうかを調べるのは、簡単に信じてはいけません。不働産屋から詐欺に用心して、投資家がブラック仲介に出会った時、家を買ってだまされる事件はしょっちゅう発生します。

3. 厳格に正規の規則に従って手続きをして、近道を行くのは往々にして穴があって、しかも最終の契約を締結しない前に急いで金を打って、損失を招くことができ(ありえ)ません。

4. 契約約款を精査し、すべての手続きについて契約期間と売買の双方の責任を明記する。



現在、不働産屋はばらばらになっているが、上述の点を除いて、文華氏は必ず購入前に実地調査を行い、この不働産が不働産屋の紹介に真実性があるかどうかを確認し、購入した物件の設置と周囲の環境を全面的に理解することを提案した。現地の不動産市場を把握し、不動産仲介業者の値上げや隠蔽、詐欺などを予防する。


不動産の転送住宅でも重要なこととして、タイmdr法律事務所の合法的な情報を提供できるスイートルームホテル案、リスクを予防し、事後議論の発生を減らす。不動産専門の法律相談、不動産適職調査、弁護士の立会い審査契約書などの細かいサービスを提供できる。蛍の海外の大きさを直視タが、イmdr法律事務所をご、タイの配置不動産つとめて冷静!



  • 電話相談
  • Line
  • オンラインコメント
    コメントをお願いします
  • 063-228-8821

    質問があれば、上方タイに電話して、1対1の顧問に質疑応答してください
    上の二次元コードをスキャンして、1対1の顧問が質疑応答する