日本人はタイで会社をどうやってやっているのか?

著者:タイmdr法律事務所の 時間:2020-04-29


現在、r日本とタイの両国間のビジネス往来は日々頻繁になっており、外国人投資家も多くタイ市場に進出している。中国人がタイで会社を開く条件はどれらがありますか?何に注意する必要がありますか?タイmdr法律事務所の根拠がタイの『民商法典』、『外国人绊商法などの法律をお次登録会社整理のポイントは、多くの日本企業が投資を助けるため、タイに一部参考意見。


外国人が特定の条件で登録できる会社のタイプは大きく分けて4つあります。


一、タイ合弁会社

合弁会社ということで、少なくとも1人は泰籍株主で51%、外国人株主で49%と法律で定められている。会社の登録には、少なくとも3人の自然人が発起人である必要があり、この3人の自然人は、会社の株式を同時に保有または保有しないことができる。


タイ合弁会社への登録は営業範囲を制限しないため、登録期間が短い。資本金は少なくとも100万バーツであるが、社員証の取り扱いや税務上の問題、例えば一つの就労ビザの定員= 200万バーツ当たりの資本金+4人の泰籍労働者であるため、慎重に基準を作成する必要がある。



タイの合弁会社に登録する手続きはどれらがありますか?

まず最初のステップは会社名を提出して使用できるかどうかを検査しなければならなくて、第二ステップは登記関連の事柄を確定して、住所、経営範囲、資本、持分比率、法人代表などを含みます。ステップ3、登録書類を準備して商務部に提出する。

会社の営業許可証を取得すれば、別途の営業許可証を発給しなくても正式に営業ができる。

海外での登録会社は中国での登録会社のように簡単ではありません。正規の合法的な処理が必要です。そうでなければ、その後の業務展開は困難です。




 ショートカットの問い合わせ通路

MDR高級顧問、1対1対応:063-228-8821,065-983-2298






1-210103145H6244.jpg

1-2006261G0004P.jpg

1-210103145I5495.jpg

1-2006261G15TI.jpg





Line: mdrlawWhat's app: +66 632288821Facebook: mdrlawE-mail: mandarinlawfirm@gmail.com



二、外資系の会社です

すべての外資系企業は、泰資51%と外資49%に制限される必要はなく、100%外資系の株式を保有できる。しかし、営業範囲が制限されており、一般的には大型生産・製造業であり、申請手続きが煩雑で長い。

全外資会社はBOI会社とFBL会社に分けられ、BOI会社は申請した後に税収上の優遇政策を受け、これも多くの投資家がBOIを申請する原因の一つである。FBLは相対的に申請が厳しい。

boi資金の必要によって登録業務の範囲が作成し、業種別規定の违いが、このため専門の弁護士事務所では必要かどうかを照会あなたの業務boi許可申請の類の目で、タイmdr法律事務高級弁護士として、すべての人が経験の豊富な计画を投資の全面boi申請できる。


BOI投資促進委員会はタイの比較的不足産業にBOIを申請することを奨励しており、例えばハイテク産業、節源型産業である。さらに投資を誘致するための優遇策を年々拡大している。


もしboi会社に対する疑問が連絡が我々のタイmdr法律事務所の補佐官との面談の諮問弁護士。



三、支社(Branch company)

営業範囲に制限はありません。資本金は少なくとも300万バーツ;株主は外国法人又は自然人とすることができる。理事は泰籍自然人とすることができる。



四、外国会社駐タイ事務所

このような会社は収益性があるわけではなく,アフターサービスをするほか仕方がない。

タイmdr法律事務所の専门家の登録会社のチームは、10年以上の経験の高級弁護士登録、タイが投資を投資諮問、投資前の妥当性の調査によると、タイのビジネスを考察し、投資を設定案、および登録会社タイワンストップサービス。ご質問がございましたら、お問い合わせを歓迎いたします。



  • 電話相談
  • Line
  • オンラインコメント
    コメントをお願いします
  • 063-228-8821

    質問があれば、上方タイに電話して、1対1の顧問に質疑応答してください
    上の二次元コードをスキャンして、1対1の顧問が質疑応答する