タイの登録会社に法人があるという話はありますか?

著者:タイmdr法律事務所の 時間:2020-05-15


タイ会社の登記が完了すれば、新たに設立された会社は法的に独立の実体として認められ、株主から独立する。これを「法人」あるいは「法人実体」と呼ぶ。


登記過程で、会社の株式構造が確定すれば、全体株主を組織して法定会議を開き、会社の取締役会を選出し、監査人を任命し、会社発起人の取引と支出を承認する。



 ショートカットの問い合わせ通路

MDR高級顧問、1対1対応:063-228-8821,065-983-2298






1-210103145H6244.jpg

1-2006261G0004P.jpg

1-210103145I5495.jpg

1-2006261G15TI.jpg





Line: mdrlawWhat's app: +66 632288821Facebook: mdrlawE-mail: mandarinlawfirm@gmail.com



そのため、タイの会社の枠組みは一般的には取締役会、株主、法定サインナーであり、法人代表という表現はなく、取締役会とは法人代表を指す。法定サインインは理事の中から選択しなければならず、1人が1人、2人が2人、または3人のうち1人が1人になるように有効な法定サインイン権限を定めることができる。


新たに設立された会社の権利や義務、責任は株主とは異なる。会社と第三者の間で行われるいかなる合意や約束も、会社自身を制約するだけである。そのため,株主は第三者に対して個人責任を負わない。例えば、ある会社がある商業活動を許可された場合、その投資家(すなわち株主)はその権利を直接持つことができない。もう一つの例は、会社の債権者がその株主の債務返済を訴えられないことである。


タイで会社設立政策相応の法律を守らなければ、しかしタイ绊商法を知らない投資家にとっては难しいのは、タイmdr法律事务所は泰、就業13年、我々はお完成タイ人の高級指導できる弁護士登録有限责任会社の設立を確保しお各種法規を遵守を要求した。おかげであなたの会社は迅速に設立され、後顧の憂いもない。タイの会社の支配構造と登録に関するより多くの相談は私達の弁護士の補佐官に連絡することができる。



  • 電話相談
  • Line
  • オンラインコメント
    コメントをお願いします
  • 063-228-8821

    質問があれば、上方タイに電話して、1対1の顧問に質疑応答してください
    上の二次元コードをスキャンして、1対1の顧問が質疑応答する