タイの永久所有権詐欺劇とは何か?

著者:タイmdr法律事務所の 時間:2020-06-17


タイの不動産を買うときは、むやみについてはいけない。購入前に詳細な調査を行い、不動産の背景、開発業者の資質、真実性などの問題点を適時に発見し、不必要な損失が発生しないようにしなければならない。文華事務所にはタイの家を購入して詐欺に騙される事件が何件もありますが、大部分は信頼しすぎて潜在的なリスクを見落としているため、泰置業の際に計画的な調査を行うことを強くお勧めします。


まず、不動産の財産権の形態を確認しなければならない。タイの土地はすべて永久財産権であり、一部は皇室のエンバーニーであるが、タイの法律は外国人にだけマンションの購入を認め、土地の購入を禁じている。


皇室や軍用地に建てられたマンションの場合、永久所有権がなく、土地は開発業者が借りて、マンションを建てて分譲するため、外国人や現地人は直接購入できず、不動産を借りることができない。契約書は一般的にタイ語であるため、専門のタイ語が分からなければ、仲介者が言わなければ、契約書の中で借りるのか買うのか分からない。



 ショートカットの問い合わせ通路

MDR高級顧問、1対1対応:063-228-8821,065-983-2298






1-210103145H6244.jpg

1-2006261G0004P.jpg

1-210103145H6244.jpg

1-2006261G15TI.jpg





Line: mdrlawWhat's app: +66 632288821Facebook: mdrlawE-mail: mandarinlawfirm@gmail.com



、タイの請約永久財産の詐欺劇、より慎重にもう一つの、真の永久保有財産のマンションの場合、法律は外国人が買って最大のシェアがマンションの総数の49%を占め、残り51%、タイタイ市民や会社に売却しなければならない例えば業者100戸を開発し、外国人のうち49軒しか买えない。


タイの現地人がマンションを買うのにそれほど情熱的ではなかったため、オープン・マーケットのシェア51%が売れなかったからだ。デベロッパーとエージェンシーはタイ人のシェアを90年所有権のように包装して外国人に販売していますが、90年所有権は存在しません。実際に売買契約書が書かれている賃貸契約書は、最後にオープンハウスの名前の不動産証の抵当証明書を受け取るか、または購入契約書が1部しかない場合、オープンハウスは家を持っていくことができます。


今、タイの不働産市場は確かに投資価値のある不働産市場であり、必ず目を開かなければならない。見知らぬ国として、多くの異なった政策と市場ルールに直面し、自分の理性的な判断を持つ必要がある。そのため、文華氏は、不働産/土地の資質を事前に審査し、専門の不働産弁護士を招き、契約者に骗されないように契約書を審査することをお勧めしている。


タイの家を購入したことについてもっと質問があれば私たちに連絡してください。



  • 電話相談
  • Line
  • オンラインコメント
    コメントをお願いします
  • 063-228-8821

    質問があれば、上方タイに電話して、1対1の顧問に質疑応答してください
    上の二次元コードをスキャンして、1対1の顧問が質疑応答する